Latest Album

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut rhoncus risus mauris, et commodo lectus hendrerit ac.

banner
RORY ROLLINS

Blog

Ska en Català

Imatge del concert d'Alenyà 2020 A Els Delai venim de la rumba catalana però en els darrers anys hem fet 3 ska, dos d'ells en català. En Xisku de Ceret (Composada per Domènec Ludeña) i la Cabra Ska (Composada per Eudald de la Higuera. Aquest darrer tema...

フィゲラスのラスティクバックレコードスタジオのデレー

フィゲラスのデライスタジオRusticbucrecordsは、同じ目的で良い材料と良いfefesionsに囲まれて激しい一日を過ごし、新曲「エルモメント」の良い録音を行います 有名なコーヒーマシン その日は興奮して始まった。 私たちがスタジオに着いたとき、私たちはコーヒーマシンがないことを認識し、朝の最近の酵母の時間にベッドから、私たちが最初に空想するのは、私たちが仕事に着く前に非常に熱いコーヒーを作っていることです。 パンデミックの真ん中で朝の時間に喫茶店を見つけることはオデッセに過ぎませんでしたが、最後にそれを得て、私たちは必要な力を取ることができました。 素朴な家電はすでに会社のロゴと組み合わせたコーヒーマシンを持っていることを知る必要があります, 完璧. 録音 "エルモメント" 今、私たちはカールス・モンフォートのスタジオに戻って仕事に取り組む準備ができていました。 録音を始めたばかりの最初のことは、私たち全員を出発点に置くことができるトラック「アンプラグ」でした。 実際、ラモンはドラムでテーマの基礎を築く彼の部分を記録し、準備ができたら、マーティンと彼の低音はケーキのアイシングを処分することになり、その間にドメネック、ジョーン、ユーダルドが関連する装飾的なものを作ることができるようにキャンディーに関するテーマを残しました。 フィゲラスのDelaiスタジオRusticbucrecordsは、同じ目的を持つ良い素材と良い偏見に囲まれて激しい一日を過ごしました。 レコード "エルモメント"エウダルド・デ・ラ・イゲラ・ポウ その後、ドメネックは、テーマを非常によく歩くエレキギターと彼のピアノでジョーンにいくつかの「亀裂」を入れて、ベラスケスであるかのようにメロディーを飾りました。 一方、ユーダルドは彼にデライの特徴的なルンベロタッチを与えた。 これで音楽のテーマを終えて、私はチャールズが働き、すべてを微調整する準備ができていました。 そして、テーマは触れているように聞こえるので、非常に微調整しました。 今、私たちはテーマを準備するために歌詞を歌う必要があります。 ドメネとユーダルドは「エル・デライ」の3枚目のアルバムの最初の曲である「エル・モメント」という曲の歌詞を歌う責任を負った。 当日のビデオ レコーディングの日の後、カールスは仕事の一日中ビデオに記録するために彼の友人の何人かの友人を呼び出し、彼らは私たちにスタジオ、Rusticbucrecordsの少し批判をするように頼みました。 私たちはこのようなことをすることに慣れていないので、それは一日の中で最も面白い部分だったし、私たちは笑いを得たが、ビデオを見て! ビデオへのリンクはこちら。 ...

菲格雷斯的鲁斯蒂布克雷科德工作室的德莱斯

菲格雷斯的 Delai 工作室 Rusticbucrecords 度过了紧张的一天, 周围是良好的材料和良好的预演与相同的目标, 使新歌 "el momento" 的好录音 著名的咖啡机 这一天开始激动人心。 当我们到达工作室时,我们意识到那里没有咖啡机,在早晨的那些时间,最近从床上吃酵母,我们首先喜欢的就是在上班前煮一杯很热的咖啡。 在大流行期间的早晨找到一家咖啡店只是一种奥迪,但最终我们得到了它,我们能够采取我们需要的力量。 有必要知道,质朴的布克雷德已经有一个咖啡机,结合公司的标志,无可挑剔。 录制 "el 时刻" 现在,我们准备回到卡莱斯·蒙福特的工作室去上班。 刚刚开始录音, 我们做的第一件事是轨道 "拔下插头", 能够把我们都放在一个起点。 事实上,拉蒙记录了他的一部分奠定了主题的基础与鼓,当它准备好了,马丁和他的低音最终消除锦上添花,他们之间,他们留下了主题约糖果,使多梅内克,琼和尤达尔德可以作出相关的装饰。 菲格雷斯的德莱工作室的生锈布克雷德花了紧张的一天, 周围被良好的材料和良好的预科与相同的目标。 录制 "el 时刻"尤达尔德拉希格拉·普 然后,多梅内克把一些"裂口"与电吉他,使主题走得很好,琼与他的钢琴,装饰的旋律,仿佛它是一个Velázquez。 另一方面,尤达尔德给了他德莱特有的鲁伯罗触摸。 有了这个,并完成了音乐主题,我准备查尔斯的工作和微调的一切。 相当微调他们, 因为主题听起来像他们被感动了。 现在我们只需要唱歌词,让主题准备好。 多梅内茨和尤达尔德负责演唱一首名为《埃尔·梅切诺》的歌曲的歌词,这是第三张专辑中第一首尚未完成的《埃尔斯·德莱》的歌曲。 当天的视频 录音一天后,Carles打电话给他的一些朋友,让他整天录制一段工作录像,他们要求我们对工作室,Rusticbucrecords提出一点批评。 这是一天中最有趣的部分, 因为我们不习惯做这样的事情, 我们得到了一个笑, 但是, 看视频! 链接到此处的视频。 ...

The Delais in the Rusticbucrecords studio in Figueres

The Delai studio Rusticbucrecords in Figueres spent an intense day surrounded by good material and good prefessionals with the same objective, make a good recording of the new song "el momento" The famous coffee machine The day started excitingly. When we arrived at the studio we realized...

Les Delais dans le studio Rusticbucrecords à Figueres

Le studio Rusticbucrecords de Delai à Figueres a passé une journée intense entouré d’un bon matériel et de bons prefessionnels avec le même objectif, faire un bon enregistrement de la nouvelle chanson « el momento » La célèbre machine à café La journée a commencé de façon passionnante. Quand...

El Delais en el estudio Rusticbucrecords en Figueres

El estudio Delai Rusticbucrecords en Figueres pasó un día intenso rodeado de buenos materiales y buenos prefesionales con el mismo objetivo, hacer una buena grabación de la nueva canción "el momento" La famosa máquina de café El día comenzó emocionantemente. Cuando llegamos al estudio nos dimos cuenta...

Els Delai a l’estudi Rusticbucrecords de Figueres

Els Delai a l'estudi Rusticbucrecords de Figueres van passar una jornada intensa rodejats de bon material i bons prefessionals amb un mateix objectiu, fer una bona grabació de la nova cançó "el momento" La famosa màquina de cafè El dia va començar emocionant. Quan vam arribar a l’estudi ens vam adonar que no hi havia...

カタロニアルンバ。 また、生き方。

ドメネク・ルデニャ・カルペ著。 このテキストに直面することは、私の過去30年間がカタルーニャのルンバとの関係にあったもののX線写真を行うようなものですが、それは簡単ではありません。 私の意図は、私がカタルーニャルンバ、それが私に与えたすべて、そして私が貢献しようとしたものに反映してきた重要な概念を収集することです。 カタルーニャ・ルンバとの関係は、バルセロナ92オリンピックへの見事な参加と、ペレ・ギタナ・ヘチテラの歌と共に「マノロス」から始まったと言えます。 ここで私は、この音楽を他の音楽と区別する秘密が何であるかを知るための基本的な関心を喚起しました。 私はカタルーニャのルンバが私をつなぎ、喜び、エネルギー、そしてそれを爆弾に渡す状態に私を連れて行き、それは差動、ユニークな特徴だったと感じました。 私の音楽の始まりはクラシック音楽、特にバイオリンでした。 ファンは何でしたか? これは私に多くの衝撃を与えました, 学術的な観点から私はフラメンコやルンバギターに手のリズミカルな事実を書く方法を想像できませんでした, 彼らはどのようなリズミカルな形でしたか?彼らはどのように紙に書かれましたか?どこで毒を入れることができるでしょうか。 私は1990年代後半に向けて飛躍し、そこで私は勉強を続け、ギター、ルンバ、フラメンコ、ジャズで進歩し続ける壮大なギタリスト、ロジャー・ロザーノ・セレットに会いました。 私たちは二人とも中央のリエイダで学びました。 彼は美術史と私地理学、私たちはレジャー、ローマの視点からギターと勉強するために私たちの家族のコミットメントを組み合わせることができ、大学の学位。 リレイダ市議会は、麻薬や買春がそれらの狭い通りの絵のように美しい風景であった限界地域、ラ・セウ・ヴェリャの近くにカタルーニャ・ルンバ・ワークショップを開催しました。 そこで私はラ・ヴィオレタ、トニ・パレジャ、パキート・サラザール、バンバ、そしてマノリの2人のメンバーに会いましたが、当時は女性的で非常に若い声で、同じグループのダンサーであるニニャ・パストリ・イ・ラ・パティが歌った言葉を残しました。 そこから、私はトニ・パレジャとプライベートフラメンコのレッスンを受け、ジプシーの手と行行きの良いコンパスの秘密から多くのことを学びました。 喜びといじめは、フラメンコギターが純粋な魔法であることを認識するのに十分な深く掘り下げた棒でしたが、何年も何年もの研究と改善が必要でした。その時、私は太って生きていた何か、私は他の多くのことをするつもりでした。 それは私の人生の黄金時代でした トマティトとカマロンの発見を伴いました, 離れて食べましたパコ・デ・ルシアの狂人, チチョスとマリファナの煙, 油のように私の人生を結んだ良いソース. フラメンコの手にこのアプローチを通して、私はフラメンコよりも要求が少なく、カタルーニャのルンバに直面し始める別の武器を見て、私は音楽自体が放つ開放性と自由によってより識別されたと感じました。 2002年からバルセロナのラバル地区に住み、モーセに紅海が開かれると、カタルーニャ・ルンバの世界が目の前に開いたアート&デザインの大学研究を続けました。 それに気づかずにゼロに行き、徐々にバルセロナのカタルーニャルンバの生きた歴史に会い、会い、分かち合うことができる幸運に気づいた。 リェイダでは、カタルーニャのルンバがカロブの木を通ってそこから来たことを擁護しましたが、私の意見では、カタルーニャのルンバが現代の次元を取るとき、ペレ、ペスカイジャ、チャチョ、エルノイ、ラムネットと多くの多くのカタパルトがバルセロナであり、混乱の真ん中に住んでいる融合と近代性に向かって遺伝子をカタパルトするときです。 カタロニアルンバは、手にフラメンコ技術、正確なフラメンコリズミカルセンス、熱帯のリズミカルな感覚、都市の歌詞とポップスピリットを持つ組成物を要求し、誰もが歌い、踊り、手を叩き、彼らのリターンと笑顔を学ぶことができます。 バルセロナのラバル地区での生活は何もありません。 私はラバララの生活から、世界はあなたが望むあなたの家の下を通過する他のもののように、何も強烈なパスであることを伝えることができました。 ラバルに住むことは、あなたの心を開き、神話が落ちる、すべてが可能です、より多くの経験を持つ、別の誰かにあなたを変換し、活動、パーティーや社会運動の議題であなたを満たし、生存は自分自身の世話や自滅する能力に依存します。 この時とこの環境では、私は人生のチャンスによって私の家ルフィーノブラボーカサドに到着するときです。 ルフィーノでは、私たちはすぐに補完的になります。 彼は歌い、他の誰ものようなショーを与える、私は初心者のカタルーニャルンバギタリストですが、100%魂と環境を持っています。 私たちは一緒に集まらなければならないことを知っているし、それが私たちが行う方法です。 3年間で、ランブラ・デル・ラバルのベンチに触れてから、サンタコのサンタ・コロマ・デ・グラマネットの祭りに触れました。 始まりは、カレル・ド・ロムの廃止されたバリオ・カンデラ・バーで行われ、私たちは自分自身を雰囲気の第一人者にします。 私たちが使用するレパートリーは、ペレ、チャチョ、アマヤ、バンビーノです。 完璧な音楽、理想的な場所と私が今まで見た中で最もエネルギッシュな雰囲気。 私たちは忘れられない午後、ペレのスタジオに行きました。 そして、我々は可能な限り最善の方法でユベントスを渡していました。 私たちは曲に何を貢献しましたか? 私たちは彼らを生まれ変わしていました。 当時、カタルーニャのルンバはどこにも聞こえませんでした。...

加泰罗尼亚伦巴。 也是一种生活方式。

作者:多梅内克·卢德尼亚·卡尔佩。 面对这个文本就像做一张 X光片, 我过去 30 年来一直在我与加泰罗尼亚伦巴的关系, 这将是不容易的。 我的意图是收集重要的概念,我一直在反思加泰罗尼亚伦巴,它给了我的一切,我试图贡献。 我可以说,我与加泰罗尼亚伦巴的关系始于"马诺洛斯",他们高高雅地参加92年巴塞罗那奥运会,还有佩雷特·吉塔纳·赫奇塞拉的歌曲。 在这里,我引起了一个基本的兴趣,找出什么是区分这种音乐与其他的秘密。 我觉得加泰罗尼亚伦巴连接我, 带我到一种喜悦, 能量的状态, 通过它炸弹, 这是一个差异, 独特的功能。 我的音乐开始是通过古典音乐,特别是小提琴。 风扇是什么? 这让我很震惊,从学术的角度来看,我无法想象如何写手在弗拉门戈或伦巴吉他的手的节奏事实,他们是什么节奏的形式?他们是怎么写在纸上的?我在哪里可以毒死它? 我将一跃而至20世纪90年代末,在那里我遇到了我的第一个加泰罗尼亚伦巴同伴,罗杰·洛扎诺·塞雷特,一个宏伟的吉他手,他继续学习,并继续进步与吉他,伦巴,弗拉门戈和爵士乐。 我们都在中部的列达学习。 他艺术史和一地理,大学学位,使我们能够结合我们的家庭承诺学习与休闲,吉他从罗马的角度来看。 Lleida市议会在La Seu Vella附近组织了一次加泰罗尼亚伦巴研讨会,那里是毒品和卖淫,是这些狭窄街道风景如画的风景,阴凉但充满生性。 在那里,我遇到了拉维奥莱塔、托尼·帕莱杰和帕基托·萨拉萨尔、班巴以及马诺利的两位成员,当时,一个女性化和非常年轻的声音让我们都说不出话来,由同一组的舞蹈家尼娅·帕斯托里·伊·拉帕蒂演唱,这是一个活生生的雕塑。 从那里,我与托尼·帕莱杰一起上了私人弗拉门戈课程,在那里我从吉普赛人手和行为良好的指南针的秘密中学到了很多东西。 欢乐和鼓乐是我深入钻研的棍子, 足以意识到弗拉门戈吉他是纯粹的魔法, 但它花了多年的研究和改进...

The Catalan rumba. Also a way of life.

Written by Domènec Ludenya Calpe. Facing this text is like doing an X-ray of what my last 30 years have been in my relationship with the Catalan rumba, it will not be easy. My intention is to collect important concepts that I have been reflecting on...